bit

Excelで、罫線グルーピングを楽勝化(自動化)する

Javaパッケージ一覧だの、テストケース一覧だの、大分類、中分類、小分類したデータを Excel で罫線を使ってちまちま書くのが好きな人が、他人にそのExcelを渡してこれで編集してなどと無駄な苦労を共有したがって至極迷惑なので、条件付き書式というものがあるのだよということを書いておく。
ちなみに以下、Excel2007を使っている。他のバージョンでも設定画面は違うが同じことはできる。

(1) グループ化したい部分におもむろに縦に罫線を引く。

(2) メニューから条件付き書式を選択する。
画面上部のメニューから、以下のようにたどっていく。
[ホーム]→[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール(H)]→[その他のルール(M)]

(3) 条件付き書式を設定する。
要は、セルに何か書いていたら、セルの上部に罫線を引くようにする。設定は次の通り。

bold;">ルールの種類を選択してください(S):指定の値を含むセルだけを書式設定
bold;">次のセルのみを書式設定(O):空白なし

書式」ボタンを押して表示される「セルの書式設定」のウィンドウで、下の画像のようにセルの上部に罫線を設定する。

(4) あとはセルに何か書けば、自動的に罫線が引かれる。

左右隣のセルの値を基に罫線を引きたい場合もあるかもしれないが、たぶん複雑になるのでやらないほうがよいけど、数式による設定をすればできてしまう。お勧めしないのでわざと見にくく書く。[ホーム]→[条件付き書式]→[ルールの管理(R)] と選択すると「条件付き書式ルールの管理」というウィンドウが表示されるので、「新規ルール」ボタンを押してルールを追加する。ただしこのときは、セルを複数選択するのではなくて、書式を設定したい範囲の一番上だけに設定して、あとでコピペする。ルールの内容は、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択したら「次の数式を満たす…」に以下の数式を入れる。「=NOT(ISBLANK(隣のセル))」。「隣のセル」の部分は隣のセルの座標でたぶんB2みたいな値が入る。$をつけないのは、先も書いたように後で縦ににコピー&ペーストするためである。ペーストするときは、形式を選択して書式だけ貼り付けることくらい(以下略)。